施術について

施術の流れ

基本的な施術の流れは、「問診検査」→「物理療法」→「手技療法」→「運動指導」となっております。施術時間の目安は約30分(保険施術の場合は、手技療法がありませんので約15分)となります。初回は説明などがあり、約1時間のお時間を頂戴することがございます。なお、症状により施術内容は異なります。

姿勢の検査

問診検査

1.最初に行うのは、検査・問診です。来院したら、受付スタッフより、問診票が渡されます。わかる範囲でかまいませんので、ご記入ください。院長が直接お体の状態をお聞きしていきます。施術方針を立て、ご納得いただける様でしたら、施術に入ります。

電療

物理療法

2.物理療法とは、電気治療器などの機械を使った施術のことをさします。特に強い痛みがでているときなどに有効です。痛みを取るだけでなく、筋肉を柔らかくして、再発防止にも役立ちます。多少の刺激はあるものの痛くはありません。

手技

手技療法

3.手を使った施術です。過剰な緊張を起こしている筋肉をもみほぐしたり、ストレッチをしていきます。痛めた直後には行っておりません、数日たったのちに早期回復させるための施術です。ストレッチポールや、トムソンテーブルと呼ばれる特殊な道具を使うこともあります。

運動指導

運動指導

4.施術後には、少しお話しをする時間を設けております。日常生活の注意事項や、家で行う運動、ストレッチ、次回の施術についてなど、今後の施術計画をお伝えします。ご質問なども受け付けておりますので、不安なことはなんでも聞いておいてください。


治療機器の紹介

【ハイボルト】高出力の電気が深部まで届き痛みの原因を取り除く
【ラジオ波】1秒間に50万回の振動で、全身の柔軟性を改善する
【ホットパック】温めることにより、筋肉や関節の緊張をほぐす
【ストレッチポール】硬くなった体を効率よくストレッチする
【EMS】筋肉を鍛える電気。インナーマッスルを強化する
【トムソンテーブル】空気圧を使い、骨盤や背骨を整える

施術例

患者さまの状態に合わせた施術内容になります。どの施術も痛みはなく安心して受けていただけるようなものばかりです。

ケガの再発防止 > トムソンテーブル

繰り返すぎっくり腰には、トムソンテーブルを使った整体を行います。体の歪みを整えることで、ケガをしにくい状態を維持することができます。トムソンテーブルとは空気圧を使い体を揺さぶる機械です。振動を感じますが、痛くはありません。カシャーンという心地の良い音が響きます。3分程度の施術ですが、関節の可動域が増えたり、痛みが和らいだり、なにかしらの変化を感じる方が多いようです。

準備物について

・保険証

・動きやすい服装

保険証が使えるケースもありますので、念のためにお持ちください。
服装はそのままでもかまいませんが、動きやすいゆったりした服装のほうが適しています。負傷部位によってはこちらで用意してます施術着に着替えてもらうこともあります。