胸椎回旋運動|内臓をねじる!自律神経の不調におすすめ

1 10回×3セット

両手を胸の前で組む

2

ひざを閉じたまま、体を捻る

概要

今回ご紹介するのは胸椎回旋運動。胸椎(きょうつい)の役割は、体幹を横に捻る動き(回旋)を制御しています。回旋がうまくできないと、背中が固まるだけにとどまらず、自律神経の不調をきたすことも!?

やり方

  1. 両手を腕の前で組む
  2. 背すじを伸ばした状態にする
  3. ひざを閉じたまま、体を捻る
  4. 捻りきったら、1秒とめる
  5. 反対方向にも捻じる
  6. 1~5を繰り返す

効果

内臓に捻じる力が加わり、自律神経を刺激します。食欲不振、冷え性、不眠、頭痛、吐き気などの改善に期待できます。また、首肩背中のこりを解消。胸椎を回旋させることにより、上半身の血流が改善します。肺周辺の柔軟性が改善され、呼吸がしやすくなります。

まとめ

・ひざを閉じて体を捻る。自律神経の調子を整える簡単な運動のご紹介でした。